Facebookページをつくりました!
いいね!を押して記事に進んでください。


マーケティング用語(?)でAISAS理論というものがあります。

これはよく出来た理論でマーケティングの基礎として知っておきましょう。

AISAS理論とは、消費者は購買における行動を表した理論です。

消費者はどのような流れで購買するのか、という事を表しています。

 

AIDMA理論というものがありました

AISAS理論ができる前、AIDMA理論というものがありました。

AIDMA(アイドマ)はアルファベットの頭文字をとったものです。

Attention・・・注目し

Interest・・・興味を持ち

Desire・・・購買欲求を持ち

Memory・・・記憶し

Action・・・購入する

AIDMA理論を説明すると、消費者はまず何かの情報を得て、商品(サービス)を知ります。(Attention)

そして、それが自分の好みであったり欲するものであれば興味を持ちます。(Interest)

商品やサービスを目にし、値段を知り、その商品やサービスの情報を得ると購買欲求が生まれます。( Desire)

そして、その商品を覚え(Memory)、販売している場所に赴き購入をする。(Action)

これが以前の消費者の購買行動を表した理論で有名な理論でした。

しかし、現在は新しい理論が生まれました。

それがAISAS理論です。

 

AISAS理論とは

AISAS(アイサス)理論とは、AIDMA理論同様、アルファベットの頭文字で出来ています。

Attention・・・注目し

Interest・・・興味を持ち

Serch・・・検索をし

Action・・・購入する

Share・・・共有する

AISAS理論を説明すると、消費者はまず何かの情報を得て、商品(サービス)を知ります。(Attention)

そして、それが自分の好みであったり欲するものであれば興味を持ちます。(Interest)

ここまではAIDMA理論と同じです。ここから新しい消費者の購買行動になります。

興味を持ったら現代ではまずインターネットで検索をします。(Serch)

そして、商品やサービスをインターネットでそのまま購入することができます。(Action)

購入した商品やサービスをSNS(TwitterやFacebookなど)で共有することが日常化しています。(Share)

これが、インターネットと、SNSが普及した現代の消費者の購買行動なのです。

 

aisas

 

AISAS理論マーケティング

それでは、AISAS理論に合ったマーケティングを考えてみましょう。

Attention・・・まずは知ってもらうために露出を増やす必要があります

Interest・・・興味を持ってもらうための「ポイント」をつくりましょう

Serch・・・検索したときにヒットしやすいように対策しましょう

Action・・・インターネットで購入してもらいやすいサイトをつくりましょう

Share・・・共有したくなるような商品、サービスを考えましょう

これが現在ビジネスをしている私たちが頭に入れておかなければいけないマーケティング理論です。

最後のシェアに関しては、シェアしてもらうことで検索を促すことになり次なる購買に繋がります。

ぜひ、あなたのビジネスに当てはめてマーケティングしてみてください。

 

 

 

sponserdlink
この記事が「面白い」「役に立った」と思われたら、シェアをお願いします。


完全無料のエニーテンにあなたも今すぐ無料登録!


エニーテンに登録すれば知名度急上昇!
完全無料で短期間に1000人以上に認知してもらえます。
あなたのビジネスに合ったシリーズに今すぐ無料登録しましょう!


【無料求人】完全無料の求人サイト エニーテンリクルート
→ https://recruit.anyten.jp/

【掲示板】就活に悩んだら就活掲示板で相談
→ http://shukatsu-bbs.com/

【飲食店】無料で集客したいならエニーテングルメ
→ https://gourmet.anyten.jp/

【美容室】人気の美容室は利用しているエニーテンビューティー
→ https://beauty.anyten.jp/

【介護】介護施設専用、無料の宣伝サイト エニーテンケア
→ https://care.anyten.jp/

【占い】占い師専用、無料の宣伝サイト エニーテン占い
→ https://uranai.anyten.jp/

【お取り寄せ】お取り寄せサイト専用、無料の宣伝サイト エニーテンお取り寄せ
→ https://otoriyose.anyten.jp/

【アプリ】アプリをダウンロードしてもらいたいなら エニーテンアプリ
→ https://apps.anyten.jp/


購読しているブログの新着記事