Facebookページをつくりました!
いいね!を押して記事に進んでください。


 

NewsPicksの中で、こんな記事を見つけました。

1億枚を売った男 秋元康の作詞哲学

この記事を読んで、本当にスゴイ人だなぁと

改めて感心しました。

 

155-akimoto1

http://gqjapan.jp/more/business/20160323/documentary-yasushi-akimoto-unmask-him-special

 

やっぱり、ちゃんと「売る」ことを考えてる

 

秋元さんといえばAKBです。

けど、あれもこれも、有名な曲ってみんな秋元さんが

書いてるんじゃないの??

と思うくらいヒット曲を出しまくってますよね。

 

インタビュー記事を読んで、「売れる」ということを

意識されているな、と感じたんですね。

たぶんですけど、売れる曲をつくろう、と思っているわけでなく、

売れる曲をつくるのが当たり前なんでしょうね。

 

アーティストっていうと、

自分の歌いたい曲や、言いたい歌詞を全面に押し出してくる

イメージがあります。

自己顕示欲が強いですから。

けど、結局売れないと意味ないよね。と思うんです。

 

だから秋元さんの言葉を読めば分かるんですけど、

自分がどう考えるか、じゃなくて、

世の中が、時代がどうなのか、を考えて作詞されている。

だから売れるんだな、と。

 

売れないものはただの自己満

 

売れないと意味ないんですよね、結局。

いくら自分が良いと思っていても、

自分が「これは売れる!」と思っていても、

売れなかったら結局、自己満足の世界です。

 

趣味ならいいんです。

けど、ビジネスであるなら売れないとどうにもなりません。

自分基準は本当に危険。

 

正直な話。

僕もよくこれでミスをします。

経営者は「早い決断力」が求められます。

それを時に「適当な判断」と履き違えてしまいます。

経験上、こうだろう。

で判断してしまい、結局は後で修正。

結局、時間のロス(コストのロス)を生んでしまっています。

 

どんな商売でも同じですよね。

自分基準ではなく、

世の中が、社会が、消費者が、

「何を求めているのか」

「売れるか、売れないか」

をしっかりと調べることが「売れる」ポイントだと思います。

 

 

 

sponserdlink
この記事が「面白い」「役に立った」と思われたら、シェアをお願いします。


完全無料のエニーテンにあなたも今すぐ無料登録!


エニーテンに登録すれば知名度急上昇!
完全無料で短期間に1000人以上に認知してもらえます。
あなたのビジネスに合ったシリーズに今すぐ無料登録しましょう!


【無料求人】完全無料の求人サイト エニーテンリクルート
→ https://recruit.anyten.jp/

【掲示板】就活に悩んだら就活掲示板で相談
→ http://shukatsu-bbs.com/

【飲食店】無料で集客したいならエニーテングルメ
→ https://gourmet.anyten.jp/

【美容室】人気の美容室は利用しているエニーテンビューティー
→ https://beauty.anyten.jp/

【介護】介護施設専用、無料の宣伝サイト エニーテンケア
→ https://care.anyten.jp/

【占い】占い師専用、無料の宣伝サイト エニーテン占い
→ https://uranai.anyten.jp/

【お取り寄せ】お取り寄せサイト専用、無料の宣伝サイト エニーテンお取り寄せ
→ https://otoriyose.anyten.jp/

【アプリ】アプリをダウンロードしてもらいたいなら エニーテンアプリ
→ https://apps.anyten.jp/


購読しているブログの新着記事