Facebookページをつくりました!
いいね!を押して記事に進んでください。


昔から使われている5W2H。

先人(誰か知らないけど)がつくったこの5W2Hってよくできているなぁと思うんですね。

プロジェクトを計画した時はもちろん、経営にも利用できますし、ちょっとした仕事から大きな仕事まで活用してみたらパズルのようにハマってスムーズに進むことが多いです。

私自身も、行き詰まった時や悩んだ時はパパッと紙に書いたりします。

5W2Hって基本中の基本です。

ただ、意外に利用した人は少ないんですよね。

ぜひ一度、利用してみましょう。

なかなかの威力を発揮するはずです。

 

007

 

そもそも5W2Hってなに?

これはビジネスマンであれば知っておくべきことですが、優しい私は今さら聞けない5W2Hとはなにか、から説明しましょう。

Why、What、When、Who、Where、How、How much

これの頭文字をとって5W2H(ごだぶりゅーにえいち) と呼ばれています。

ひとつひとつ説明します。

 

【Why】なぜ?(目的)

なぜそれをするのか?目的はなんなのか?

【What】なにを?(企画)

目的(Why)のためになにをするのか?

【When】いつ?(期間)

どれくらいの期間で?どれくらいの時間で?

【Who】だれが?(体制)

誰が、誰と、誰に、関係する人は?役割は?

【Where】どこで?(場所)

どこで行うのか? ※地域という意味ではない

【How】どうやって?(計画)

なにが必要で、どのように行うか?

【How much】いくら?(資金)

経費、売上、利益などの資金計画は?

 

これを表にすることにより、具現化され現実的なものとなります。

 

できるだけ具体的に計画すること

ポイントは、できるだけ具体的に計画することです。

各項目1行くらいのパパッとつくったものは、はっきり言って無意味です。

より具体的に、より深く計画し記入するようにしましょう。

例えばWhyの項目であれば、なぜそれをしようと思い、それをすることで誰がどうなるのか?

それをすることでどのような変化があるのか?

目的は?達成することでどのような効果を得られるか?

などなど。

それらを「頭で分かっている」状態ではなく、実際に記入することでより思考が深くなります。

どうせやるなら「しっかり」作ることを心がけましょう。

 

誰目線でつくるか?

この5W2H、基本は自分目線でつくるのですが、例えば商品開発や新サービスを計画する時は、自分目線はもちろんですが、重要なのは「お客さん目線」でもつくることです。

例えを書いてみます。

 

【Why】なぜ?(目的)

お客さんは何に困っているか?

【What】なにを?(企画)

お客さんは何を欲しているか?

【When】いつ?(期間)

いつ提供すると良いか?

【Who】だれが?(体制)

誰が利用するか?(年齢、性別など)

【Where】どこで?(場所)

どんなシチュエーションでお客さんは利用するか?

【How】どうやって?(計画)

お客さんはどうやってその商品を手にするか?

【How much】いくら?(資金)

お客さんはいくらでその商品を購入するか?

 

自分目線、お客さん目線の双方で作ってみると良い計画になると思います。

 

5W2Hをつくるのに時間がかかる

もし、この5W2Hをつくるのに時間がかなりかかったら。

それは、とても危険です。

なぜなら、目的がはっきりしていなかったり、ターゲットも明確になっていないからです。

実行するあなた自身が、明確になっていないものを誰に提供するのでしょう?

明確になっていないということは、イメージができていないのです。

イメージができないものは具現化できません。

計画以前の問題です。

なぁなぁで作った計画ほど、時間とお金を無駄にするものはありません。

もし予定よりも時間がかかるようであれば、書き出す前に、もう一度自分の頭の中でイメージするようにしましょう。

 

 

sponserdlink
この記事が「面白い」「役に立った」と思われたら、シェアをお願いします。


完全無料のエニーテンにあなたも今すぐ無料登録!


エニーテンに登録すれば知名度急上昇!
完全無料で短期間に1000人以上に認知してもらえます。
あなたのビジネスに合ったシリーズに今すぐ無料登録しましょう!


【無料求人】完全無料の求人サイト エニーテンリクルート
→ https://recruit.anyten.jp/

【掲示板】就活に悩んだら就活掲示板で相談
→ http://shukatsu-bbs.com/

【飲食店】無料で集客したいならエニーテングルメ
→ https://gourmet.anyten.jp/

【美容室】人気の美容室は利用しているエニーテンビューティー
→ https://beauty.anyten.jp/

【介護】介護施設専用、無料の宣伝サイト エニーテンケア
→ https://care.anyten.jp/

【占い】占い師専用、無料の宣伝サイト エニーテン占い
→ https://uranai.anyten.jp/

【お取り寄せ】お取り寄せサイト専用、無料の宣伝サイト エニーテンお取り寄せ
→ https://otoriyose.anyten.jp/

【アプリ】アプリをダウンロードしてもらいたいなら エニーテンアプリ
→ https://apps.anyten.jp/


購読しているブログの新着記事